プロフィール

このエントリーをはてなブックマークに追加

【初代会長斉藤氏による設立宣言(1993年)】

我々はコストエンジニアリング、プロジェクトエンジニアリングを業務の基本に掲げ日夜活動しているものである。

我が国には元来このような分野は以前から存在していたが、これを統一しリード する学会、学協会並びに工業会は存在しなかった。また考え方も必ずしも統一が取れているとは限らなかった。 近時あらゆる面で国際化が叫ばれている時代であるが、我々も設立後一日も早くこの分野の国際機関に加盟し、活動することを念願している。 我々は産業分野こそ異なれ、ことコストエンジニアリング、プロジェクトエンジニアリングについて志しを同じくして活動することを基本理念とし、ここに日本コスト工学会(JSCPE)を設立することを宣言する。

活動内容

  1. 日本コスト工学会は、コストエンジニアリング並びにプロジェクトエンジニアリングに関する研究会の開催及び調査研究等を行う事により、コストエンジニアリング並びにプロジェクトエンジニアリングの進歩及び産業の振興を図り、もって学術文化の向上及びわが国の産業の発展に寄与することを目的に事業を行っています。
  2. 諸問題を“コスト”の視点などから捉えて、専門的な調査研究活動を行います。
  3. 日本産業は、コスト競争力の強さにより一時は世界の市場を席巻しましたが、そのコストエンジニアリングは閉鎖的だと言われています。コストの絶対値などは企業秘密として守らなければなりませんが、コストエンジニアリングは知識化し、学会の場で向上させ、社会への還元を目指しています。今日、産業競争力の再生が叫ばれ、当会の役割は大きなものがあります。
会員間の交流を通じてスキルの向上を目指しています。

会則

JSM1101_Rev.5_日本コスト工学会会則

組織図